お気に入りの素材は決まって、厚さも大体このくらい、
さっそく商品検索してみると、「柾目」「板目」という言葉が。

字面の似ているこの2つ。一体なんなのでしょうか。

柾目と板目

柾目(まさめ)

柾目は、天面に見える木目が平行に並んでいます。

特に、天面も裏面も柾目なものを「天地柾(てんちまさ)」と言います。


板目(いため)

一方、板目は、天面にいわゆる「板」の木目が見えます。

丸太の状態で皮目が天面側のものを「木表(きおもて)」、丸太の中心が天面側のものを「木裏(きうら)」と言います。


違いは原木の切り分け方

柾目の方が、長年ご使用いただいても狂いにくい、反りにくいと言われています。

そして、一般的に柾目の方が高価です。

盤はもともと、1本の大きな木(原木)から切り分けて作られます。

その際、柾目の盤をとるには天面の3倍以上の直径が必要になります。

本榧だと、200年とも300年とも言われる長い年月が必要になるのです。

その点、板目は柾目ほどの大木でなくても作ることができます。


こういった理由で、板目の方が安価なことが多いのです。


桂と新榧の木目について

では、素材別にみていきましょう。

新榧は「柾目」

前述したように、柾目は大木からとられます。

新榧は北米産の木(スプルース)で、大きいものでは高さ60m以上、直径1.8m程にもなります。

大木を輸入できるため、新榧盤は柾目がほとんどです。


本桂は「板目」

桂は?というと、桂は主に北海道~東北に自生する日本の木です。

こちらも新榧に負けないくらいの巨木ですが、年々数を減らしており、盤のとれる大きさの木もなかなかなくなってきてしまいました。

そういった背景から、本桂盤は板目がほとんどです。


まとめ

「柾目」と「板目」、それぞれの特徴を簡単にご説明しました。

柾目の方が、一般的に見栄えはいいですが、板目は一面一面とても個性的で、唯一無二。

先入観にとらわれず、ぜひ直接ご覧になって、お気に入りを見つけていただければと思います。

囲碁・将棋の見学にご来店ください 京阪電車 伏見桃山 徒歩5分 近鉄 桃山御陵 徒歩5分 京都市伏見区の店舗案内・アクセスマップはこちら お電話でのご注文 075-603-8688
075-603-8688
お問い合わせはこちら
おかげさまで創業二百年 京都大石天狗堂

〒612-8082 京都市伏見区両替町二丁目350-1
TEL 075-603-8688 FAX 075-603-8677

© 2020 囲碁(碁盤・碁石)・将棋(将棋盤・将棋駒)販売の老舗 京都大石天狗堂 . All rights reserved.
ホームページ制作 by