こんにちは、囲碁将棋担当スタッフの山田です!


当店の価格表に、こんな比較図を載せています。


なるほど!5・6号、7号、本寸はちょっとずつ違うんだな!

というのはわかりますが、じゃあ5・6寸の違いは??

今回は、「折将棋盤、5号と6号は何が違うの?」というご質問がありましたので、比較します。



サイズの比較

一般的な将棋盤の天面サイズは33×36cmです。

これを「本寸」といいます。

上の図で見ると、7号はほぼ本寸で作られています。


一方5・6号は「中寸」で、天面サイズは29.5×33cmです。

これは、駒がギリギリ並べられるマスの大きさになります。

当店の「中寸セット」も、中寸サイズの将棋盤セットにちなんだ商品名なんです。


さらに小さい「並寸」というサイズがあり、天面サイズは26×30cmです。

「並寸」は普通のサイズの駒を並べられないので、小さめの木駒やプラ駒を使います。


では、同じ「中寸」の5号と6号を重ねて比較してみます。


天面から見るとほぼ同じサイズ感です。


厚さの違い、わかりますか?

「5号」「6号」というのは、厚みのことなのです。

10号=1寸=約3.03cmなので、1号はおよそ3mmとなります。

ですので、5号=15mm、6号=18mmとなります。

この寸法は材料での寸法のため、製品の寸法は2mmほど薄くなっています。


重さの比較

重さも比較してみます。


5号が約700g、6号が約900gでした。

厚みの分、6号の方が重量がありますね。

持ってみると、やはり6号の方がしっかりとした厚みと重さを感じます。


まとめ:5号と6号の違いは“厚さ”

5号と6号を実際に比較してみましたが、はっきり言って大きな違いはありません!

5号の方が価格がお手頃ですし、6号の方がよりしっかりした打ち味があります。

わずかなようで実際使用してみると違うものなので、ぜひ店頭で実物を比較してみてください。


この記事に関係する商品はこちら↓↓↓

新桂(アガチス)折将棋盤

囲碁・将棋の見学にご来店ください 京阪電車 伏見桃山 徒歩5分 近鉄 桃山御陵 徒歩5分 京都市伏見区の店舗案内・アクセスマップはこちら お電話でのご注文 075-603-8688
075-603-8688
お問い合わせはこちら
おかげさまで創業二百年 京都大石天狗堂

〒612-8082 京都市伏見区両替町二丁目350-1
TEL 075-603-8688 FAX 075-603-8677

© 2022 囲碁(碁盤・碁石)・将棋(将棋盤・将棋駒)販売の老舗 京都大石天狗堂 . All rights reserved.
ホームページ制作 by