『ハギ盤』にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

1枚板でできたものの方が良いもの、ハギ盤はその下のランクのものと思われる方が多いかなと思います。

実際、私も初めて「ハギ盤」と聞いた時は一枚物の代替品という印象がありました。

しかし、知識が深まるにつれ、積極的にハギ盤をお勧めすることもあります。

今回は、ハギ盤のメリット・デメリットについてまとめてみました。


ハギ盤ができるまで

まずは、ハギ盤の作り方についてです。

ハギ盤を作るために材料をとることはありません。

職人は、できるだけ良い材を厚盤サイズでとろうと致します。

その成形の段階で切り落とされた部分を集めたのがハギ盤になります。

ですので、原材料としては高級厚盤と変わりません。


そして、材料にもよりますが、なるべく木目と色味が近いものを選んで接着剤ではり合わせます。

2~5枚程のことが多いです。

ハギ盤の「ハギ」とは「つなぎ合わせる」という意味です。

職人はつなぎあわせる時点で完成形を意識して作っていますので、継ぎ目が天面から見ると丁度目地になっており意識しないとハギ盤とわからないものがあります。

正に職人技ですね!

木目と色味をぴったり合わせるのは難しい為、ハギ目が目立つものもあります。

 

ハギ盤のメリット

ではいよいよ、メリットを見ていきます!


メリット① 反りにくい

前回、『碁盤・将棋盤が反るのは当たり前!?』で詳しくお話いたしましたが、薄い盤はどうしても反りやすいです。

それは、木材が収縮する方向が決まっているためです。

ハギ盤になると、材のそれぞれの収縮する方向が一定でなく、幅が短い為反りにつながりにくくなります。

そして、実は材をはぎ合わせる際の接着剤もかなり強度があり、反りにくくなるのに一役買っています。


メリット② 一枚物の卓上盤がなかなかない

これは、「当店の場合」のお話ですが・・・。

【ハギ盤ができるまで】でも触れましたが、材料からできるだけ厚盤サイズをとろうと致します。

卓上盤は「厚盤になりきれない」材から作られるのです。

そのため、ハギ盤の方が多く作りやすいという背景があります。


メリット③ 安い

やはりこれにつきますよね。

21年10月現在で当店で扱っている卓上碁盤2寸を比較すると、ハギ盤は約60,000円、一枚物で約165,000円と倍以上の差があります。

また、貴重な日本産本榧でもハギ盤なら比較的入荷されやすいです。


ハギ盤のデメリット

「ん?ハギ盤もけっこういいんじゃない?」と思ってきましたが、ちゃんとデメリットも見ていきますよ。


デメリット① ものによってはハギ目が気になる

職人がなるべく木目・色味が揃って見栄えが良いように製作しますが、うまく“はまる”ものばかりではありません。

中には天面に板目と柾目が混在するものや、色味の違うものがはぎ合されるものもあります。

天面から見るときれいにはいだ盤でも、木口から見るとハギ盤だというのは一目瞭然。

美しい柾目一枚物の圧倒的高級感には及びません。


すみません、「デメリット①」としながら1つしか浮かびませんでした。

ただ、唯一にして最大のデメリットが、「一枚物でない」ということかと。

ハギ盤なので当然ですが。


まとめ

いかがでしょうか。

いままで一枚物が良いと思ってたけど、ハギ盤も視野に入れてみようかな?と少しでも思って頂けたら幸いです。

また、当店ではハギ盤にもすべて管理番号を付けて1点物として掲載しております。

ハギ目のことなど、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

ハギ盤がおすすめの方

●薄い盤をお探しの方
●実用としてなるべく安価なものをお探しの方

一枚物がおすすめの方

●一枚物にこだわりがある方
●細やかなメンテナンスがお好きな方
囲碁・将棋の見学にご来店ください 京阪電車 伏見桃山 徒歩5分 近鉄 桃山御陵 徒歩5分 京都市伏見区の店舗案内・アクセスマップはこちら お電話でのご注文 075-603-8688
075-603-8688
お問い合わせはこちら
おかげさまで創業二百年 京都大石天狗堂

〒612-8082 京都市伏見区両替町二丁目350-1
TEL 075-603-8688 FAX 075-603-8677

© 2021 囲碁(碁盤・碁石)・将棋(将棋盤・将棋駒)販売の老舗 京都大石天狗堂 . All rights reserved.
ホームページ制作 by