商品名:良尊作盛上 水無瀬兼成卿書 島つげ斑入


これ、当店で実際に販売している商品の商品名になります。

なじみがないと、「住所?」ってくらい長いですよね。

なぜ商品名が長くなるのか、というと、将棋駒を表現するのにはいろんな要素が絡んでくるからなのです。


将棋駒は大きく4つの要素でわけられます。

① 駒木地
② 彫
③ 書体
④ 作者

この中の①駒木地②彫でグレードが分かれます。

③書体は、「この書体は高い、こちらは安い」というものではなく、「バリエーション」となります。

1つの商品で赤・青・白と選べる、そんな感覚で価格には基本的に影響しません。


そして、④作者は、存命かどうか、人気のあるなしが関係します。

皆様ご存知の影水作の駒なんかは、100万円以上の価値があったりするわけです。

古い駒だと、ここに⑤状態の良し悪しが加わりますね。

そんな一見複雑な駒の要素を1つずつ見ていきます。

今回は①駒木地についてです。


1-1. 樹種

一般的に、駒作りには堅めで粘りのある木が適していると言われています。

広く流通しているものは、楓(カエデ)、樺(カバ)、斧折(オノオレ)、黄楊(ツゲ)などがあります。


中でも黄楊は最高級であるとされています。

非常に成長が遅いので木目(きめ)が大変緻密な為、しなやかでく割れにくいという特徴があります。

しなやかさと適度な堅さがあり、はんこや櫛にも重宝されています。


また、珍しいものでは香木で知られる白檀(ビャクダン)の駒や、木肌の黒い黒檀(コクタン)の駒なんかもあります。

昔は象牙の駒も作られましたが、現在は日本国内では象牙・象牙製品の商業取引は原則禁止されています。


白檀の駒。桂のような暗い色合いです。

1-2. 産地

最高級とされる黄楊の中でも、産地によって特徴が異なります。

シャムツゲ

東南アジアからの輸入材で、白っぽく木目がわかりにくいです。


雲南(中国)ツゲ

中国からの輸入材で、島ツゲと似た性質があります。


本ツゲ・薩摩ツゲ

国産のツゲ材は「本ツゲ」と言われます。

本ツゲの中でも九州辺りが産地のツゲ材を「薩摩ツゲ」と呼びます。

木目が粗く、赤みがあるのが特徴です。

また、堅くてねばりがあるので傷がつきにくいというメリットもあります。


本ツゲ・御蔵島ツゲ(島ツゲ)

本ツゲの中でも御蔵島(伊豆諸島)が産地のツゲ材を「御蔵島ツゲ(島ツゲ)」と呼びます。

木目が細かく白っぽいのが特徴です。

また、薩摩ツゲ程密度がないので、くらべると軽く傷がつきやすいといった点もあります。


1-3. 木目

スタンダードな木目は縦の縞状に入る「柾目」になりますが、他にも模様のように見える木目があります。

「杢(もく)」「斑(ふ)」と呼ばれ、独特の艶による模様は観賞用としても愛されています。

主にツゲに見られ、珍しい模様はすべての駒40枚揃えるのが困難なため、高価になってきます。


虎斑(トラフ)

虎斑は虎模様のように強く斑の入った木目になります。


孔雀杢(クジャクモク)

孔雀が羽を広げたように見える杢模様になります。

この、きれいに扇型になった模様がなかなかとれず、1組揃えるのに十年以上かかることもあるとか…。

良尊先生の工房で木地を見せていただいた時の木地はこちら→将棋駒の現代作家・熊澤良尊先生の工房へ【2】

ちなみに、この模様が上下逆になったものが「稲妻杢(イナズマモク)」になります。


他「銀杢(ギンモク)」「赤柾(アカマサ)」など


まとめ

駒木地をピックアップしてまとめてみましたが、いかがでしたか。

情報が多すぎなので、表面をサラッと撫でたような説明になってしまいました。

木地によって手触りも違ってきますので、ぜひ店頭でお気に入りの一品を見つけてくださいね!

囲碁・将棋の見学にご来店ください 京阪電車 伏見桃山 徒歩5分 近鉄 桃山御陵 徒歩5分 京都市伏見区の店舗案内・アクセスマップはこちら お電話でのご注文 075-603-8688
075-603-8688
お問い合わせはこちら
おかげさまで創業二百年 京都大石天狗堂

〒612-8082 京都市伏見区両替町二丁目350-1
TEL 075-603-8688 FAX 075-603-8677

© 2022 囲碁(碁盤・碁石)・将棋(将棋盤・将棋駒)販売の老舗 京都大石天狗堂 . All rights reserved.
ホームページ制作 by